運営会社からのメッセージ

「100年後も平和で豊かな社会のために、今何ができるか。一緒に考えませんか?」

RECYCLE HUBにアクセスして頂き、ありがごとうございます。
私たちは、廃棄物の適正処理とリサイクルを通じて循環型社会、サステナブルな社会を実現したいと考えています。
(サステナブル/サステナビリティについて詳しく知りたい方はこちら

サステナブルと言えば、何を思い浮かべるでしょうか?

・ソーラー発電や風力発電などの再生可能エネルギー?
・CO2排出量が少ないクルマや環境に優しい製品?
・フェアトレード商品やオーガニックフード?
リサイクルを思い浮かべる人は少ないかも知れません。

なぜ、リサイクルなのか?

それは、どれだけ環境に優しいエネルギーや製品、フェアトレードやオーガニックな食品が増えても、モノの生産、消費、廃棄という経済社会の構造自体は変わらない、ということにふと気づかされたからです。
「もっと新しいものを。もっと便利なものを。」という人間の欲望を抑えさせることは、今の世の中では現実的な解決策ではありません。となれば、生産され、消費された後に捨てられるもの(=廃棄物)をいかに大切に無駄なく扱うかが、今の社会の中でできる最良のサステナビリティではないでしょうか。

そして、私たち日本人には昔からの習慣・文化として、“もったいない”精神も息づいています。
日々の仕事や生活の中で、ふと「もったいないな」と思うその気持ちを、リサイクルという形にすることが私たちのミッションです。
私たちと一緒に100%リサイクル社会を目指しませんか。
ご連絡お待ちしています。

ワイルドディープ株式会社
リサイクルハブ運営スタッフ一同
【代表者略歴】
代表取締役 荒深 正博
岐阜県出身、小樽商科大学商学部卒。エコピープル。
野村総合研究所に新卒で入社。大手流通業の基幹業務システム構築に従事。
その後、2004年に米系コンサルティング会社のアクセンチュアに、2011年には監査法人トーマツグループのデロイトトーマツコンサルティングに移籍。一貫してIT領域を専門とする経営コンサルティングに従事。
2015年、リサイクルハブの運営会社であるワイルドディープ株式会社を設立。

<本事業に係る主な活動実績>

【環境ビジネス関連の展示会への参加】
環境ビジネスに携わる企業が一堂に会する『New環境展』と『エコプロダクツ展』に2004年以降毎年参加し、廃棄物リサイクルに関する最新動向の収集と関連企業との情報交換を行っています。
【環境ビジネス関連団体への参画】
環境ビジネスに携わる企業で構成されるコンソーシアム団体「EBRI(http://www.ebri.jp/)」に参加し、志を同じくする企業とネットワークを構築しています。