産廃用語集

ペレット

ペレットとは、一般的に小さい固まりを指します。

廃棄物に関わるものとしては、主にプラスチックのペレットと木質ペレットがありますが、リサイクルハブではプラスチックのペレットとして扱っています。

※木質ペレットは「木質チップ」という表現をしています。

 

廃プラスチックのリサイクルにおいては、破砕や溶融、冷却といった中間処理を経て再生樹脂ペレットが製造されています。ペットボトルも主要な原料のひとつです。

またペレットを原料として、食器やプランター、ポリ袋といったものから合成繊維の衣類や家電製品など、素材によって幅広く製品化されます。

ペレットのイメージです

 

[参考]

ペットボトルリサイクル推進協議会 – PETボトル再商品化の流れ

排出されたペットボトルを原料としたペレット化、その後の製品化までの一連のリサイクルの流れを説明しています。

http://www.petbottle-rec.gr.jp/basic/flow.html