産廃用語集

カーボンニュートラル

カーボンニュートラルとは、バイオマス発電などで、CO2を一時的に排出しても、トータルとしてカーボン(=CO2)の量はニュートラル(=プラスマイナスゼロ)であるという考え方のことです。なぜ、バイオマス発電はCO2の排出がゼロと言えるのか。それは、熱源である植物が成長する過程で、光合成によりCO2を大気中から吸収しており、その植物をバイオマス発電で燃やしてCO2が排出されたとしても、それは吸収した分を吐き出しているだけで、トータルで考えれば地球の大気に放出される量はプラスマイナスゼロになるという理屈になっているからです。

このカーボンニュートラルの考え方は、京都議定書において採用されたことをきっかけに、広く利用されるようになりました。

光合成のイメージです