【東京23区詳細版】事業系ごみの捨て方

中央区における事業系ごみの出し方・料金の案内

中央区には、区専用のごみ処理券を購入してごみ袋に貼ることで、近くのごみ集積場に出すことができる制度がある

☞この制度を利用できるのは少量排出事業者に限られ、その他の事業者は民間の業者に回収を委託する必要がある

☞また、ごみ処理券で出せるのは可燃ごみ・不燃ごみ・資源のみで、粗大ごみや電子機器類はごみ処理券では出せない

 

中央区の事業系ごみ処理券制度

少量の事業ごみを出すときには、区が発行する専用の「事業系有料ごみ処理券」(有料シール)を購入の上、そのシールをごみ袋やごみ自体(雑誌やダンボール等)に貼って、近くの公共のごみ集積場に出すことができる制度です。

 

中央区
出典:中央区

 

 

<中央区におけるごみ処理券による排出量の上限>

日量50kgまでが目安。これ以上出る場合は、民間の廃棄物業者に回収を委託しなくてはならない。

 

<中央区のごみ処理券の値段>

ごみ処理券の料金は23区統一ですが、区ごとに専用となっています。
他区発行のごみ処理券は中央区では使えないので注意が必要です。

券種(販売単位)  料金(税込) 
 小・10リットル(10枚1組) 760円
 中・20リットル(10枚1組) 1,520円
 大・45リットル(10枚1組) 3,420円
 特大《軽量ごみ用》・70リットル(5枚1組) 2,660円

※2019年10月1日より消費税が10%となりましたが、ごみ処理券の料金は変更ありません

 

<中央区のごみ処理券が買える場所>

・区内コンビニエンスストア各店舗

・区の清掃事務所

・上記の他、『ごみ処理券取扱所』の表示のあるお店

※店舗によっては複数の区の処理券を扱っている所もあるので、購入する際は、必ず港区のものであることを確認しましょう!

 

<中央区におけるごみ出しのルール>

【可燃ごみ】週2回の収集

ごみ袋の縁をしばった状態で、容量(中身の量)に見合った処理券を貼ってください。

【プラスチックごみ】週2回の収集

ごみ袋の縁をしばった状態で、容量(中身の量)に見合った処理券を貼ってください。

発泡スチロールは1箱につき10ℓの処理券を貼付して下さい。
(1箱の大きさの目安・・・約33センチ×48センチ×20センチ)

【不燃ごみ】週1回の収集

蛍光灯は、4本につき10ℓの処理券を貼付して下さい。
※破裂や飛散防止の為、購入時の袋などに入れて出してください。

一斗缶は、中身を必ず空にして、1個につき10ℓの処理券を貼付してください。

【資源物】週1回の収集

新聞、雑誌は、高さ10cmにつき10ℓの処理券を貼付してください。

ダンボールは、2枚につき10ℓの処理券を貼付してください。

ビン・PETボトルは、それぞれ別々の袋に分け、容量に見合った処理券を貼付してください。

缶・金属製のなべ、やかん、フライパンは、容量に見合った処理券を貼付してください。

 

ごみ回収車

事業系ごみ処理券を利用することのメリット・デメリット

【メリット】

・民間の廃棄物収集運搬業者との契約が不要
・ごみ1袋単位で費用が発生するので分かりやすく、料金も比較的安価
・ごみ処理券は近くのコンビニエンスストアやスーパー等で購入可能

 

【デメリット】

日々ごみが出るような飲食店や比較的大きな事業所については少量排出に該当しないため、ごみ処理券の運用は不可
朝8時までに出さなければいけない(終業後の夜のうちに出せない)
・家庭ごみと同じごみステーションを利用する場合は、その場所ごとの自治会のルールを守る必要がある
・社名を書いて排出する必要がある為、社名からごみを漁られて機密情報を盗まれる可能性がある
・何でも出せる訳ではない

不用品や粗大ごみを出す場合は

机や椅子などのオフィス家具、什器類や設備、各種電子機器類などについては、ごみ処理券では廃棄できません

これらを処分する際には、少量であるか否かに係わらず、民間の産廃業者に回収を依頼する必要があります。どの業者に回収を依頼すべきか分からない時は、リサイクルハブの不用品引き取り回収サービスをご利用下さい。厳格な審査をパスした、地域の優良産廃業者が誠実に対応します。

 

 

 

 

 

粗大ゴミ

事業系ごみを業者に回収してもらう場合は

リサイクルハブでは、中央区におけるお客様の状況に応じた、事業系ごみの適切な処理方法のガイドはもちろん、お客様のニーズに合った地域の優良ごみ回収業者もご案内させて頂いております。お問合せ・お見積もりは無料ですのでお気軽にご利用下さい。

 

 

 

 

 

 


他区の事業系ごみ処理ルール

各区ごとに決まりがあります。詳しくは該当する区をクリックしてご覧ください。

港区 ▶千代田区 ▶渋谷区 ▶新宿区 ▶文京区 ▶品川区 ▶豊島区
目黒区 ▶台東区 ▶世田谷区 ▶中野区 ▶大田区 ▶足立区 ▶葛飾区 ▶荒川区
板橋区 ▶江戸川区 ▶北区 ▶江東区 ▶杉並区 ▶墨田区 ▶練馬区

 

最終更新日:2019年10月22日


error: Content is protected !!