廃棄物リサイクル対応事例:パラフィンワックス編

主な対象業種

スポーツ用品、FRP製造(インパラ系)、精密鋳造メーカー(ロストワックス)、レーシングカー製造、飛行機製造、モーターボート製造、ロウソク・キャンドル製造など
wax2 wax wax3

モデルケース:精密鋳造メーカー(パラフィンワックス)

【お客様情報】精密鋳造メーカーであるF社の資材部長
【ご依頼内容】F社の資材部長より、「精密部品の鋳造でロストワックス製法を行っており、不要になったワックスをリサイクルしたい」というご依頼
 
1.課題
  • ・複数原料のパラフィンワックスを使用し鋳造している
  • ・型バラシと脱ロウのワックスが不要物、脱ロウのワックスは単品での排出と複数原料が混ざったもの2種類で廃棄される
  • ・国内での有価物取引は少量しか対応できない為、産廃ですべて処理している
  • ・サーマルリサイクルではなく、マテリアルリサイクルを行いたい
コンサルトイメージ
         
2.結果
  • ▶アジア全域まで取引先を広げ、中国とスリランカでマテリアルリサイクル対応業者とマッチング
  • ▶今まで産廃処理料金を払っていたが、有価物取引に転換し収益化に成功
  • ▶国内で輸出ライセンスを持つ企業を選定
管理業務
         
3.ポイント
  • ☑当社独自に設計した全国3000社超の情報が格納されている「業者データベース」のネットワークにより、海外有価物取引に対応
  • ☑排出事業者の要望に沿って、高品質なリサイクルを提案。マテリアルリサイクルを実現した。リサイクルハブでは、産業廃棄物処理方法でも提案が可能。
  • ☑有価物取引においても契約書の締結や計量管理で、取引の信頼性を確保
ポイント          

廃棄物について見積もりやご相談事があれば、お気軽にお問合せ下さい。