廃棄物のワンストップ窓口「リサイクルハブ」

事業所・オフィス・事務所の事業ごみ・粗大ごみ対応事例

主な対象業種

一般オフィス・会計事務所・弁護士事務所・行政書士事務所・労務士事務所など
2860212838-russia-95311_1920-0Rgy-480x320-MM-100 4219884842-startup-849804_1920-58Xq-480x320-MM-100 3959107287-notebook-660559_1920-lv7-480x320-MM-100

モデルケース:一般オフィス

【お客様情報】通販サイトを運営するD社、東京本社の総務部社員
【ご依頼内容】D社(一般オフィス)の担当者より、「長年保管していた紙資料と古くなったOA機器の処分をしたい」というご依頼
 
1.課題
  • ・通常排出される廃棄物はビルの集合ゴミ室に排出しており、産廃契約は行った事が無い
  • ・紙資料は機密性の無いパンフレット等、OA機器は古いものや壊れて動かないものが含まれる
  • ・問題の無い方法であればリユース/リサイクルの対応可能
  • ・ある程度の作業手伝いは行うので、なるべく低コストになるやり方を提案してほしい
コンサルトイメージ
         
2.結果
  • ▶1社ではなく、古紙とOA機器それぞれに強みのある会社を選定する事で、トータルでの有価取引を実現した(5,000円支払い)
  • ▶指定回収日時にビル1F に下ろして貰う事を条件に交渉し、古紙は無料回収・OA機器は運搬費を抑え有価取引を実現できた
  • ▶お客様で対応が可能なもの・排出現場・取引条件を整理し、業者任せではないプランニングを行うことで、希望であった「安さ」以上の期待に沿うことが出来た
  • ▶複雑で面倒な廃棄物管理業務から解放され、本業に人材をシフトできた
産廃の現場確認
         
3.ポイント
  • ☑当社独自に設計した「廃棄物カルテ」と全国3000社超の情報が格納されている「業者データベース」により、スピーディで精度の高い業者選びを実現
  • ☑排出事業者の要望に沿って、有価売却できるものは、リサイクルではなくリユースを提案。排出抑制に繋がり、さらにお客様へ代金を支払う事も可能にした。リサイクルハブでは、廃棄物処理以外にもリユース・リサイクル業者とネットワークがあり実現が可能。(業者叩きなどの強引な値下げ交渉は行わず、合理的なアプローチでコストダウンを狙います)
  • ☑廃棄物のプロであるコンサルタントが、お客様に代わって有価売却先企業やリサイクル企業を直接目で確かめることにより、取引の信頼性を確保
ポイント          

廃棄物について見積もりやご相談事があれば、お気軽にお問合せ下さい。