廃棄物の種類と処理・リサイクル方法

動物系固形不要物

動物系のイメージです

1.動物系固形不要物とは?

動物系固形不要物屠畜場で解体などをした獣畜や、食鳥処理場で食鳥処理した食鳥に係わる固形状の不要物を指します。例えば、牛、豚、鶏など食用家畜の不可食部分はこれに該当します。

 

 

2.動物系固形不要物の具体例

  • 牛、馬、豚、めん羊、山羊
    鶏、あひる、七面鳥、その他食鳥などの解体後の固形不要物

3.動物系固形不要物の主なリサイクル方法

<概況>
動植物性残さとの性質上の違いから、飼料化・肥料化としてのリサイクルは難しいようです。特に飼料化に関してはBSEを代表とする問題により、慎重に取り扱われている現状があります。処分方法としては焼却処理され、最終処分場に埋め立て処理されるが、焼却灰を建材へマテリアルリサイクルする例もあります。

 

<主なリサイクル用途・方法>

  • セメント原料や路盤材など、建材の原料として
    焼却後の焼却灰を、セメントや路盤材の原料として使用します。

 

<その他の処理方法>
焼却後の焼却灰を最終処分場で埋立処分します。

 


error: Content is protected !!