委託契約におけるポイント

産業廃棄物の委託契約書に関する罰則事項

懲役

産業廃棄物の委託契約書の不備に関する罰則は、廃棄物処理法第26条で、「3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金、またはこれの併科」と定められています。

この罰則は、廃棄物の委託基準違反に対して適用されるものであり、産業廃棄物の場合、以下の条件がかかってきます。

 

  • 適切な許可を持った処理業者に委託しなければならない
  • 委託契約は書面により行うこと
  • 委託契約書には所定の事項が記載され、かつ委託先業者の許可証の写しなどが添付されていること
  • 委託契約書とその添付書類は、契約終了後5年間保存しておくこと

 

委託契約書に所定の記載事項が記載されていないと、不適切な処理業者に委託してしまったときと同様に、罰則の対象となってしまいますので十分に注意して下さい。

 

管理体制

 

 

 

 

 

 

 

 

その他の留意事項

その他に留意すべき点として、契約期間満了伴う自動更新条項がある契約書の場合は、契約書の内容を都度最新化しておく必要があるということです。例えば、許可証が新しい有効期間のものに切り替わった場合は、新しい許可証の写しを契約書に添付し直す必要があります。(有効期間外の古い許可証のまま委託すると法律違反となります)

また、契約書の保管期間は、締結後5年でなく、契約期間終了後から5年間ですので、間違って捨ててしまわないよう注意しましょう。

 

 

委託契約

<委託契約書について分からない点があったら>

 

リサイクルハブには産廃委託契約に精通したコンサルタントがいます。無料で相談に乗りますので、お気軽にご相談下さい。

 

 

 

ご相談はこちらから

 

 


error: Content is protected !!