委託契約におけるポイント

産廃処理の委託契約ってどうすればいいの? <基礎編>

契約のイメージ

 1.委託契約書とは?

委託契約書とは、排出事業者が産業廃棄物の処理を産業廃棄物処理業者に委託する際に締結する契約書のことです。

通常の商取引の場面においては、相手の意思と自分の意思が合致しさえすれば、口約束でも契約は成立します。

しかし、産業廃棄物の処理委託契約については、必ず『委託契約書』という形で事前に、書面にて契約を交わす必要があります。なお、契約書は契約の終了日から5年間保存することが義務付られています。

 

2.委託契約書における委託者と受託者の役割

 <委託者(排出事業者)>

  • 産業廃棄物処理費用を負担
  • マニフェストの記入と発行
  • 排出してから最終処分が終わるまでの間、返送されてくるマニフェストの確認を通じて、委託した廃棄物がどこにあるのかを随時確認する
  • 廃棄物を適切に処理するために必要な情報を処理業者に提供する(WDSの提出)
  • 契約外の廃棄物や異物を混入させない

 

<受託者(産業廃棄物処理業者)>

  • 委託された廃棄物を、委託契約書の内容に従って適切に処理する
  • 委託者の承諾を得ずにで再委託をしない
  • マニフェストの正しい記入
  • マニフェストを定められた期限までに委託者に返送

 

 

3.必須記載事項

全ての委託契約書に共通する、法定記載事項(=必ず記載すべき事項)は次の通りです。

 

  1.委託する廃棄物の種類と数量

  2.委託契約の有効期間

  3.委託者(排出事業者)が受託者(産業廃棄物処理業者)に支払う料金

  4.受託者の事業の範囲

  5.委託する産業廃棄物を適正に処理するために必要な情報

  6.委託契約の有効期間中に、上記4の情報に変更があった場合に、その情報の伝達方法に関する事項

  7.受託業務終了時の受託者への報告に関する事項

  8.委託契約を解除した場合の処理されない廃棄物の取り扱いに関する事項

 

 

委託契約

<委託契約書について分からない点があったら>

 

リサイクルハブには産廃委託契約に精通したコンサルタントがいます。無料で相談に乗りますので、お気軽にご相談下さい。

 

 

 

ご相談はこちらから

 

 


error: Content is protected !!